南国ベトナム夢紀行 『海外vol.6』 #海外旅行

南国ベトナム夢紀行 『海外vol.6』



南国ベトナムのオリエント急行へようこそ。
ハノイ・サイゴン間1726kmを35時間(平均)かけてのんびりと列車に揺られてみました。・・・続きはこちら⇒南国ベトナム夢紀行 『海外vol.6』

下川裕治さんという紀行作家は、外籠り族と言われる人達のの師匠

[暮らしと生活ガイド|海外生活]下川裕治さんという紀行作家は、外籠り族と言われる人達のの師匠・教祖のような存在ですか? 一応、外籠もりも海外生活に入るのかな?

皆さんは、インターチェンジ周辺やバイパス沿いの宿泊施設(日本

[地域、旅行、お出かけ|国内|ホテル、旅館]皆さんは、インターチェンジ周辺やバイパス沿いの宿泊施設(日本国内)や、諸外国の「モーテル」と呼ばれる宿泊施設に、平気で泊まれますか? インターチェンジ周辺やバイパス沿いの宿泊施設(日本国内)が「ホテル◎◎」と名乗っている場合、まともな宿泊施設か、いかがわしい宿泊施設(けばけばしい形状の外観等)か、入店しないとわからないです。 また、インターチェンジ周辺に、いかがわしい宿泊施設が多数立地する例は、数多いです。 故に、そのような場所に立地する宿泊施設に泊まったり、そのような旅程を立てる事に、抵抗感がある人の多寡をお伺いしたいと思います。 よく知られたビジネスホテルのチェーン店なら構わないかもしれません。 (そういうところを、ネット・旅行ガイド・電話帳などで事前に調べ、場合によっては予約) 独立系のビジネスホテルや観光ホテルが、インターチェンジ周辺やバイパス沿い(かつ観光地や温泉地以外)に立地する事は多いのでしょうか? また、インターチェンジ周辺やバイパス沿いに、公共の宿・ユースホステル・ライダーハウス・カプセルホテル・民宿など、ホテル以外のまともな宿泊施設が立地する事は多いのでしょうか? 次に、日本国外の郊外型(かつ主に幹線道路沿いで、主に乗用車の利用者を想定した)の宿泊施設、つまり米国等で「モーテル(motel)」と呼ばれる宿泊施設です。 古今を問わず、米国に関する紀行文ではよく出てきます。他国で使われる例も多いようです。 (ただし、韓国等では、安宿がこの名称を名乗ることも多いなど、例外も多いです。) これらは、日本の「旅籠屋」や、よく知られたビジネスホテルのチェーン店のような感覚で泊まれるのでしょうか? それとも、身構えたくならざるを得ない外観の建物(だが、中味はまともな宿泊施設)のことが多いのでしょうか? 歴史的には、米国のモーテルも、特異な外観(北米先住民の集落/宇宙基地等)の建物の例も多く、また看板が目立つ例も多いとされます。 ただし、それ以前に、海外を乗用車で移動する日本人は、少なくとも「旅行」では少ないので、こうした宿泊施設に宿泊する事自体が少ないかもしれませんが。

まるで海外のような日本の絶景
まるで海外のような日本の絶景
価格:


WHO’S WHO OF JAPAN(人物日本史) 日本絵とき事典
WHO’S WHO OF JAPAN(人物日本史) 日本絵とき事典
価格:¥ 2,705



文理選択で迷っています[教育・科学・学問>学校・勉強>高校]

高1です 2年から分かれる文理選択の希望をもうすぐとるらしいです(最終決定ではありません) 自分でも理系か文系かわかりません 特に行きたい学科や将来の夢もありません 理系か文系か…


価格:0 円


アヤ ソフィア博物館の情報

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>